電子書籍を利用する上で気を付けたい点
2017.03.10

カラフルな本電子書籍を利用するときの注意点は、購入にあたって大きく2つあります。
まず、同じまんがを買って揃えるとしたら、紙媒体のまんがで揃えた方が安くなる場合も多々あるということです。最初は電子書籍のみで発売のものも、後に書籍化することも増えてきました。よっぽど早く読みたい場合をのぞいては、紙媒体を待った方が金銭的にはお得です。大好きなまんががあるなら、電子書籍で買って、さらに紙媒体でも買うのがファン心だと思うので、そういう場合は迷いなく電子書籍で買っていきましょう。
次に、もし電子書籍のサイトがなくなってしまったら、有料で購入していた本が読めなくなる可能性もあります。また、電子書籍のサイトによっては、月額会員から退会したら読めなくなるシステムのサイトもあります。何度も読みたい、ずっと残したい本を電子書籍で買うことはおすすめできません。電子書籍を購入するときは、そのサイトの規約をよく読んでから購入することをおすすめします。
電子書籍で購入するなら、「何度も長年に渡って読むことはないだろうという本」、「値段が高くなっても消えてしまっても、人に読んでいることを知られたくない本」、「今のところ電子書籍のみだが、イマイチ人気がないようで書籍化の見込みがない本」などです。「どうしても紙媒体より画面がいい」、「手軽さ・はやさが便利だから、高くても消えてしまうとしても電子書籍がいい」という方も、電子書籍を選ぶ方がいいでしょう。
また、電子画面ならではの注意点もいくつかあります。電子書籍なので、あなたが持っているスマホ・タブレット・PCが故障してしまったら、直るまで読むことができません。紙媒体の本なら、そういう心配はないですね。それに、アプリ等に機能がついてなければ、基本、書き込むことができません。書き込んだり、折り目を付けたり、紙のページをめくったりすることに慣れているなら、電子書籍に慣れないといけないので注意が必要です。また、まんがなどを他人に貸して、みんなでワイワイ回し読みということができません。すごく面白いまんがを発見して、周りの友人と共有したいときに、それができません。学生など、そういう環境でまんがを楽しみたい人には電子書籍は向いていません。
どんどん便利に、どんどんジャンルも作品も増えていく電子書籍ですが、人や環境によっては合わないこともあります。新しいものだからと何でも飛びつかずに、従来の環境とのメリット・デメリットを考えなければいけないので、注意が必要です。

▲ ページトップへ